所得顔雑録

タカヒロを 下から読んだら 浪費過多
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
太平洋不知火楽団 on the battlefield!!
いよいよリリースツアーも佳境。10/9の名古屋から始まったツアーは12/5の名古屋で終わります!

そんな週末ツアーの締めはもう一回withはこモーフでワクワク
12/3(金)【福島】郡山PEAK ACTION
12/4(土)【栃木】宇都宮KENT
12/5(日)【愛知】新栄vio

うつくしま福島では昔からお世話になっているピークアクション。
そしてついに僕の地元である栃木県に初上陸!KENTは生まれて初めて行ったライブハウスなんですが、地元の友人は僕がバンドやってることを知らないし、高校時代の友人は全員切れてしまったので、誰も呼べません!栃木並びに北関東の人、come on オリオン通り!
名古屋ではまさかの乍東十四雄レコ発を祝うの巻。
 「おんがくはみんないい子ですvol.6」乍東十四雄レコ発 乍東十四雄/太平洋不知火楽団/はこモーフ/葉っぱの裏側シスターズ/水面上がる。

そんなはこモーフツアーのファイナルは凄いことになりました

「明日からがんばる vol.2」
はこモーフ×太平洋不知火楽団 「ディフェンスに定評があるIKEGAMIツアー」FINAL!!!
@青山月見ル君思フ
出演 : はこモーフ / 太平洋不知火楽団 / moools / スッパバンド / mmm+岸田佳也+橋本史生 DJ : しあわせ(トキメキ泥棒)



●「太平洋不知火楽団」はお陰様で先日のdisk union販売チャートで1位に輝きました。前作のデモはneco何とかに阻まれ永遠の2位だったので実は初1位です。ありがとう!!


●竹内君による新着映像 2010.10.13 UFOclub 「SF(B級)」歌詞つき!
http://www.youtube.com/watch?v=lhQJNeJkjxU
 
これはメガテン 我ながら見入っちゃた



●名古屋にて対談タカヒロ×タカヒロ
東海地方で配布されているフリーペーパー「2 YOU」誌上にて、不完全密室殺人/JONNY/パイプカットマミヰズの盟友舟橋孝裕君と「東名ベーシスト対談」を行いました。Web版もあります。内容はかなり赤面。
http://2youmag.com/interview/2010/no19/taihei.html
このベース奏者とは思えない演奏風景を見よ!


●「愛原みや美のみやビームパラダイス」出演してきました

ここから僕らの惨状が見れます!
http://www.ustream.tv/recorded/10366573
僕ら以上に、熟考に熟考を重ね翌週紹介した「Sorrys!」の回がアホほど面白いので見てみてね


●そして今週水曜もUst番組に出演してきます!
「Empty Black Boxの他力本願!」
http://www.odoroku.tv/music/ebb/index.html
番組は19時から、僕らは19:10くらいからゲスト出演します! ホームページ見た限り、こいつらはヤバそうだ!負けるな太平洋! 番組中に取り上げる質問や応援メッセージを募集しています。
ebb@odoroku.tv からどんどん冷やかし送って下さい。


radio DTMにて今後の動きを発表?
上のリンクからHPへ↑
DancingHellのPVを製作してくれたradioDTMの番組にまたまた出演してきました。 また一緒に面白いことやります!


●メディア掲載あれこれ

「QUIP MAGAZINE Vol.62」

巻頭6〜7Pに見開きでガールハント(HotCake)マスザワさん×ヤーチャイカ西原君×太平洋笹口の対談がかなり大きく掲載されています。 CDつき。太平洋は「サテライトからずっと」を収録。ヤーチャイカやラブ人間の音源も入ってます。
Web版インタビューはこちら http://shimokitaroundup.com/Interviews.html

「MUSICA」
今月号にはFarFrance企画のレポートに写真付きで登場していました。先月号は太平洋ワンマンのレポがあったらしいですが未確認。

以前タワーレコードの無料誌「bounce」に掲載されていたインタビュー特集がサイトの方にも上がっています。 http://tower.jp/article/series/70987



●太平洋〜には関係ないですが個人的に。
ついに「ヒーロー」としてのオファーを受けて 踊ってばかりの国「悪魔の子供」PVに出演してきました。 どこに映っているか探してみてね  変・身!
http://www.youtube.com/watch?v=8127HPlsdig

さておき、わずか二分半でここまで王道構成のポップな曲ができることにお兄さんは感動したよ。



12/10(金)秋葉原GOODMAN
ひらくドア presents<音楽の魔法>
ひらくドア / ビイドロ / ヤーチャイカ / 太平洋不知火楽団
各バンド40分ずつ、飾り気なく純粋に音楽を聴くための企画。

12/12(日)Shibuya o-nest
『トーキョーランデヴーフェスティバル!』
曽我部恵一BAND / THUNDERHEAD MONSTERS / ううじん / SuiseiNoboAz / シャムキャッツ / 太平洋不知火楽団 / 泰山に遊ぶ / 蜜 and 1 secret band!
写真屋・工藤あずさが渾身の企画を打つ!まさかのこの布陣!

12/23(木)池袋手刀
ぐしゃ人間 presents 『ぐしゃ人間愛国7周年記念式典「sengoku38無双」』
ぐしゃ人間 /385 / 日本マドンナ / 太平洋不知火楽団
ゲスト:JOJO広重(非常階段)
見てのとおり、とんでもねぇ企画に出演が決まりました。無事に帰れるのか!?


そして年末は以下のとおり。

12/26(日)渋谷LUSH ▼sisi / moja / URBANフェチ / 虚弱。 / KiNGONS / マリリンモンローズ

12/29(水)秋葉原GOODMAN ▼箱入り気分 / salsa / GAGAKIRISE / 未完成vs新世界 / conductorAMOEBA / CITY LAKE MIRAI / 真黒毛ぼっくす

12/30(木)新高円寺LINER ▼imamon / She's / ヤーチャイカ / エポケー / レフティスミス / はこモーフ / サーティーン / PLEGLICO and more?

そしてもちろん
12/31(金)新宿MARZ⇔Motion 『SWAN SONG COUNCIL vol.12』
about tess / オワリカラ / グーミ / kulu kulu Garden / 壊れかけのテープレコーダーズ / the SHUWA / the John's Guerilla / PILLS EMPIRE / Far France / mothercoat / the mornings / THEラブ人間 and more
いよいよ「TOKYO NEW WAVE 2010」も完結。




特報

2011. 2. 26(土) 新宿MARZ
ふくろうず vs 太平洋不知火楽団 2マンライブ開催決定!!


| kaznoco | BAND & LIVE | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
11/12〜14 FMW2010〜田代母 激走72時間!
2010.11.12〜14 難波ROCKETS/ROCKETS FLOOR STAGE/STUDIO SUB-ROCK
『F.M.W.2010』 http://fmw2010.web.fc2.com/

11/12(金)
AM2:00
F.M.W.2010。「FxxK'N MINAMI WHEEL」改め「復興ミナミ周辺WO!」(←この呼び名全然定着してない)。日本中から名だたるインディーバンドが大阪は難波ROCKETSに集結し、MINAMI WHEELの真裏で三日三晩行われるとてつもない祭りイベントである。
本家ミナホほどの知名度は無いけど、ミナホみたいなバカ○い○○○システムも無いんだぜ!客も出演者も皆、何も気にせず楽しんでいいってことだ。

さて、太平洋三人は各々の予定が全く合わない都合で現地集合の現地解散となり、この週末のために5日半もスケジュールを空けた道楽馬鹿こと大内はTHIS IS PANICの車に乗り一足先に大阪を目指した。


AM8:00
ディスパニタカキ&ケンジによる高速運転はとにかく高速運転で東京大阪間6時間。太平洋のFMW出演は初日、ディスパニのFMW出演は二日目でこの日は神戸でライブということで、同じく初日出演の撃鉄チームを待ち俺はそちらに移ることに。
「撃渋滞」に巻き込まれ四時間遅れで到着した撃鉄カー。珍しく超元気な劔さん。

FMW向かい中
SAにて給油中に撮影byガソリンスタンドのおっちゃん


PM13:00
撃鉄カーは運転もライブのようでそれはそれはアッパーかつ4人の個性が出まくりで、車の中の様子を見るだけで「なんて良いバンドだろう」と思ってしまったのはここだけの話。
撃鉄と共に宿泊した場所は、諸般のツテで大阪の高級マンションの最上階。CD出せる出せないはさておき、後ろ盾のある無しはこういう所に出ますよなー


PM20:00
ひとしきり寝て遊んで難波ROCKETS入り。すでに恐ろしい数の知り合いがいる。東京カランコロンから俺のFMWはスタート。
翌日に本家MWの出演を控えたカランコロン。FMWは「Fxxk」の意味合いを含んでいる(た)ことから、本家と出演を掛け持ちをしない暗黙のルールみたいなものがあるようだが、その辺全く気にせず動けるのは自主レーベルの強みだ。とりあえず販売実績1000枚突破おめでとうカランコロン。

その後は名古屋の24、仙台のソンソン、青森のMrフレディー、そして壊れかけのテープレコーダーズと続け様に。壊れかけの曲はこういう普段と違う土地で聞くと強烈に胸に来る。身震いした。


11/13(土)
AM0:00
先日対バンした青森最後の詩人ひろやー。Mrフレディーの時は見せない彼の笑顔は値千金で大好き。
この日のセットリストは「新町」「新町」「生き物係」「新町」「新町」。確信犯的なディレイに爆笑。「初見の人でも曲とセットリストを覚えて帰れる」というひろやーマジック炸裂。

AM1:00
さぁ撃鉄。会場は今日一番の大入り。天井に登り、感電し、客席の中央にハシゴを建て、ぶら下がり、買い物カートに客を乗せて爆走など…もちろん特筆すべきはパフォーマンスよりもライブ自体の凄さなのだが、もう完全に東京バンドの底力を大阪の地で見せ付けた。
バンド史上初遠征となるsalsaは史上最高レベルの猛ライブをかましたらしいが、会場が入場規制状態で見届けられず。

AM1:30
僕らの出番。葬送曲が聴こえたぞ。終わった時には45分押し。

AM3:30
憔悴しつつもnayuta、URBANフェチ、HystoricVeinの盛り上がりを二階席から眺める。この時間に見るURBAN兄さんたちは上がりすぎてトドメを刺される気分。基本的にこのイベントは、バンドの熱がそのままフロアに波及するから最高だ。
URBANフェチにはこれまた逸材すぎる女性新ドラマーが加入していたが、毎回こんな人どこで見つけるんですか、と聞いてみたところなんとドラムはURBANに加入してからに触ったと言う。ドラム歴3ヶ月だそうで驚愕。

PM5:30
ミナホに出演していたラブ人間とセバスの飯ちゃんがやってくる。撃鉄、ディスパニ、salsa、壊れかけ他、大阪なのに雰囲気は下北沢…というかベースメントかTHREE…というかアーバン、nayutaもいて、つまりビートハプニング。

AM6:30
激押しの中一日目終了。
帰り道、大阪の知り合いの方に「ROCKETSから道一本入るだけですぐそこは日本橋(東京で言う秋葉原)ですよ」と情報を聞き、明日に向けて完全に火が点いた。

はいからさん(主催者)と明日の再会を約束し、近くのネットカフェで難民る。


AM11:00
三時間睡眠で出発。
ユーキさんに勧められた天保山サントリーミュージアムを目指す。今年頭のツアーでも立ち寄ったこの場所は今年いっぱいで閉館。ここには日本最大かつ最高設備の3D映画施設があるそうで、一度は見ておくべきとのこと。
広大な海の模様を記録した映画。確かに、申し分ない迫力だった。だが、海亀が飛び出してきてワッと驚いたはずみに意識がブワッと飛んでしまい、上映時間中4分の3くらい夢の中を遊泳。
美術品展示コーナーでやっていた一世一代のポスター展もさほど響かす、あぁやっぱり俺アートというものに対する受け皿無えなぁと痛感。

PM15:30
さてこの大阪滞在の主要目的である梅田のまんだらけへ。これが俺の本懐だ。東京の相場より総じて500円安い感じ。買いたいものは山ほどあったが必死で自己抑制し最小限に留めた。
ミナホに完全に背を向け難波まんだらけ→日本橋一帯へと回る、これぞ真のファッキンミナミホイール、その名もオタクホイール!

PM17:00
the morningsの出番に合わせて一旦FMWへ戻る。ひとしきりブチ上がったのち難波へ、オタホ再開。

PM17:30
難波まんだらけ隅々まで物色→日本橋を20店舗ほど休みなく徘徊→難波ビックで本日発売のウルトラソフビ購入、と我ながら信じられないくらい動き続けた。物欲が絡んだ時の俺の体力は無限大だ。
しかし、日本橋のショップは頭悪い店が多い。天下の台所のくせに。オタクは(自分の好きなことに関しては)おまえらが想像しているよりずっと頭良いぞ。


PM20:30
おもちゃで鞄をパンパンに膨らませてROCKETSへ帰還。1月のセバス企画ファンダンゴ以来となるお米君で笑う。

すでに体力の限界であったがここからは鬼の出演陣。
ベースに青木君が戻り、完全体となりつつある乍東十四雄。
約一年振りに見た灰緑。大阪で見る「甲子園」は本物だった。DRINKPEDやはいからさんと共に、最前列で「いこうねー!!」と両手を幾度も掲げた。
THIS IS PANICではマジで奇跡を目撃。このバンドの「初見の人を魅力する力」は半端ない。満員のアウェイでこそディスパニは見たい。
八十八ヶ所巡礼。入場規制。ライブ後メンバーが東京に帰る中、交通費がないというマーガレットだけが取り残され、「明後日になれば給料が振り込まれるんで、大阪で2日間待って(その金で)帰ります」発言。大丈夫か!
テングインベーダーズは往年の名曲揃いのセットリスト。そういえば昨日今日は2008年FRFルーキー組が5バンド。そう、この二年色々あったが、みな火を絶やすことなく戦い続けているのだ。


11/14(日)
AM2:00
闇を切り裂いて踊ってばかりの国のカピパラ参上。出会い頭で自転車の海にダイブして打撲。遅れてスズメ君も登場し、終盤も終盤この期に及んで大阪の真髄を味わった。
こいつら年下のくせに超無礼なんだけど、なぜか大好きだ。


AM3:30
AFRICEMOがこの日一番かというとてつもない盛り上がりでフロアをめちゃくちゃに揺らしたのを見届け、この後の下北沢ライブに向け帰路に着く。
帰りもタカキ&ケンジの黄金コンビにより、大阪から五時間半で渋谷着。
またこの五時間後には、下北沢入りである。夢まぼろしのような大阪二日間であったが、このちっとも心地よくない過度の疲労が、このツアーの充実具合を物語っていた。

AM10:00
解散。数時間後にTHREEで会おう。

AM11:00
帰宅。寝る。三時間後には起きよう


PM14:00
目が覚めるも、起き上がれない。

PM15:00
同上

PM16:00
起き上がれない。どうにも体が重い…と思ったら、38度近い熱がある!しかし風邪の症状はないので、これは遊び過ぎによる過労に違いない!アホか!


2010.11.14 下北沢THREE
shimokitazawa THREE 1st ANNIVERSARY xChannel THREE!!! 「おかあさんといっしょ vol.1」
撃鉄 / 久土'N'茶谷 / 池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ) / 太平洋不知火楽団 / エジプト文明ズ / salsa / Zews / THIS IS PANIC / 元祖


PM18:00
ちょっと前まで大阪での時間を共にしていた撃鉄salsaディスパニがこうして下北沢にいる、というのは何とも不思議な感じだ。

この日は下北沢THREEにて撃鉄ベース田代母企画その名も「お母さんといっしょ」
ご存知田代兄ことターシーとは顔が似ているということでお母さんともだいぶ仲良くさせて頂いていて、相当な頻度でお会いしている。
この日は主催は田代母、転換中は田代兄が司会・DJでオケを流し、田代妹が熱唱するという、THREEならではの家族ぐるみのカナリバイヤーな企画だ。

PM21:00
この日はお母さんリクエストのダンシングヘルを最初と最後に二回、最後はエジプトワンピを脱いで下に仕込んでいたキラキラ上着に短パンの田代姿に変身、田代風アクションで弾いたのち最終的には本人と入れ替わるというフューチャリング田代仕様ライブ。

PM23:00
撃鉄はこの日も出演する予定だったが先日解散してしまったCreepypopの「cheap darling」をカバー。さらには「へや」でターシーがステージを降り、クリーピー大迫がベースとして参加するという粋なサプライズもあった。やっぱりサコちゃんはベースを弾いてる姿が一番似合うよ。


17時に始まったこのイベント、激(撃)押しで終わったのは0時。バタバタと帰るのは苦手なので結局終電を見送り、38度出たままTHREEで夜を明かす。ひたすら寝たらすぐ下がったので、本当にただの疲労だったようだ。子供か。
今年一番のおつかれでしたー。もう何も出ないよ!


| kaznoco | BAND & LIVE | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
11/7 不完全密室殺人企画「その男たち、凶暴につき」
2010.11.7 新栄CLUB ROCK'N'ROLL
不完全密室殺人企画「その男たち、凶暴につき」
ザ・フロイト/太平洋不知火楽団/不完全密室殺人



僕は笹口マイクを渡されMCをした。次から次へと言葉が溢れ出てきて、5分近く喋っていたかもしれない。こんなことは、バンドを始めて以来の初の経験だ。


あの日のことについては、もう言葉として発することも文字として綴ることも難しい。あのイベントに対するあらゆる思いを表現する言葉が、現在この世界にはない。



名古屋のバンド、不完全密室殺人。東京と名古屋という離れた場所に住みながら、これまで多くの時間を共にし、文字言葉では言い表せない絆を作ってきた。
実は過去に対バンしたことは一回しかない。不完全とザ・フロイトが東京にやってくるというので、URGA早瀬やimamonの力を借りて去年秋に組んだ企画「尾張からその時の日記(※オワリカラは関係ない。ただの語呂合わせ!)だけ。
08年冬ツアーの初名古屋でフロイトと対バンし、そこでヘルプでベースを弾いていた不完全密室殺人舟橋君と知り合い、そこから不完全が東京に来た際にライブを見に行ったことで、僕はすぐこのバンドの虜になった。
不完全密室殺人というバンドがとにかく好きで好きで、勿論また共演を願っていたのだが、今年1月、諸般の事情からこのバンドは活動を止めてしまったのだった。

8月に太平洋が企画を打つ際、僕はすぐ活動休止中の不完全密室殺人を誘った。無理を承知で、山田君に何度となくメールを送った。どうして僕が不完全を愛しているかに始まり、君たちは活動をするべきだと、僕はどうしても不完全のライブが見たいと。
結局その時はスケジュール的な事情で出演は叶わなかったのだけど、不完全密室殺人は近日中の活動再開を僕に約束してくれたのだった。


その経緯含め絶対に読んでほしいこの日の不完全舟橋ブログ



そして、ついにこの日がやってきた。
活動休止から数えること9ヵ月。それほど長い期間には見えないかもしれないが、日々動き続けている僕たちからしたらそれはとても長い長い9ヵ月だった。


この日のために、日本各地から多くの人が名古屋に駆け付けた。大阪はもちろん、四国、九州から飛行機で来た人も。
僕は純粋に不完全を見たがっていたキングヌラリヒョンのコジマ君に車を出してもらい、名古屋常連のJKや不完全専属カメラマンなど東京の仲間たちと共に名古屋に向かった。

花を添えるつもりもあり、それ以上に戦いに行く心構えもある。
不完全とフロイトが活動休止していたこの9ヵ月の間に、僕らは全国各地でライブを重ね、TNWとして最前線で切磋琢磨し、フェスにも出演し、CDもリリースしてワンマンも行い場数を踏み経験を積んできた。この名古屋にも4回来ている。今日まで休んでいたバンドに負けるわけにはいかない。
そう、MCで言ったとおり

「今日は全力でブッ潰しにきました」。



自分のライブでは、その言葉のとおり全力を超えた全力を出し切った。悔いなくやりきった。本気で喰ってやろうと思っていた。
しかし何だかんだ言ってもやっぱり僕は、ただの純粋なファンの一人でもあった。
実際イベントが始まれば、念仏が鳴り響きフロイトのテーマが始まった途端に身震いがしたし、
不完全密室殺人のテーマで最初のギターが掻き鳴らされた時は、ステージ横でフロイト小森君やパイプカットマミヰズ吉田君と歓喜の表情で顔を見合わせた。
本人たちも、共演者も、もちろんフロアを埋め尽くしたお客さんたちも、皆「この日この時を待っていた」という思いをほとばしらせていた。ライブハウス全体をとてつもない一体感が覆い、空気は揺れに揺れる。

ステージに立つことを拒み、ニートから一転して勤勉な社会人と変貌し、この9カ月で20キロ痩せたというVo山田君。「せっせっせ」の曲中、昔と同じく…いやそれ以上に激しく客を煽る山田君があまりに眩しく輝いていて、僕は泣いた。


アンコール「お葬式」ではフロイトからやなせ君と栃木君、太平洋から僕、といったいわゆる各バンドの「テンション芸担当」が乱入し、ステージ上はさながらくにおくんの大運動会に。
そのカオスはフロアにも拡散し、あの瞬間のあの空間の熱量は僕が未だかつて見たことのない、びっくり日本新記録であった。(伝わりづらいたとえ!)


待ち望んでいた時間が長ければ長いほど、いざその時間が来た時に過ぎる速度は速くなる。全てが猛烈な勢いであっという間に終わってしまった。その数分の一だって、僕はここには書けていやしない。
長い長い打ち上げ、溢れる思いを語り合った。そして名古屋のソウルフード大丸ラーメン。名古屋にあるもの全て、魂から食い物まで隅々堪能したよ間違いなく。

あぁ、この日が終わってしまった。本当に寂しい。だが勿論、終わったものは何もないのだ。それが本当に嬉しい。ありがとう。僕はこの地も、ここにあるものも、そしてここにいる皆も、全部愛してるよ。全身全霊を込めて、ありがとう。親愛なる皆へ


101108_0025~0001.jpg


家宝


| kaznoco | BAND & LIVE | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
11/5 ヒロ企画「嘘が本当になる日」Vol.3
2010.11.5 下北沢DaisyBar
<DaisyBar Autumn Fes.2010〜ヒロ企画“嘘が本当になる日 vol.3”organized by太平洋不知火楽団+DaisyBar>

太平洋不知火楽団 / andymori / 神さま / テングインベーダーズ / SEBASTIAN X / オワリカラ



6月にワイルドガンフェスでDaisyBarに出演した際、店長から「また、みんなでやれたらいいね」という結構フランクな感じで(悪い意味ではなく)引き受けて僕が進めていたこのヒロ企画、実は途中で心が折れて笹口に丸投げしてしまった経緯がある。
この企画の意味合いであったり、すでにこの世にいない人間の存在を深く考えてしまった時に、狭すぎる俺の器は耐えきれなかったのだ。


皆で彼の位牌に会いに行った時の日記

前回の「嘘が本当になる日」の日記 (リンク先にある竹原ピストルさんのブログを読んでほしい)


結果的に笹口とDaisyBar側の尽力により、真っ先に手を上げてくれたテングインベーダーズ、神さまを始め、
この話を聞きつけて即出演を決めてくれたandymori、
自分たちのツアーや企画で多忙な中都合をつけてくれたSEBASTIAN Xとオワリカラが集いまさかのイベントが成り立ち、出演者発表後、チケットはすぐに完売した。

ちょっと昔にこれに近いメンツでこのイベントをやった時は、チケット全然ハケなかったのに。動き続ける時間と、もう動くことのない時間。



今年のお盆の時期に山形に呼ばれた太平洋は、同じイベントに出演していたオワリカラ、セバスと共に、たまたま隣町にあったヒロ君の墓を訪ねた。
その時の日記

この日予報では確実に上陸するはずだった台風はこの地を逸れ、そして皆が集合したと同時にそれまで降っていた大雨がやんだ。本当に。
まだ新しい墓を11人で囲み、この3バンドがこの地に集ったことに何か運命的なものを感じながら、各バンドの新譜と、彼の肉声が入った「TOKYO NEW WAVE 2010」のコンピを墓に供えたのだった。


そこに刻まれていた戒名 「弘真好音居士」


最高の名前もらったな、と皆で微笑んだ。



この日出演したバンドには、やはり皆それぞれ複雑な思いがあったと思う。
僕も、ソールドアウトしたイベントだからと言って「よっしゃ、チャンスだ、やってやるぜ」みたいな思いは全く抱かなかったし、かと言って悲痛な思いも全くなかった。
「ヒロのためにいいライブをしよう」という、そんな押し付けがましい考えも一切ない。ただ「全力でいいライブをしよう」という漠然とした決意は確実にあったと言える。


今思えば不思議なイベントだった。
グワッと盛り上がるわけでもなければ、重苦しい雰囲気が漂っているわけでもない。でも、皆が確実同じ方向を見据えてライブをしている、そんなイベントだった。
どのバンドもMCで少なからずヒロ君のことに触れたけど、それもとても自然な感じというか、神さまのふたりらしい、タカハシヒョウリらしい、中村むつおらしい、笹口聡吾らしい、永原真夏らしい、そして小山田壮平らしい言い回しだった。


イベント前に、ヒロ君と仲が良かったある子が言った。「チケット即完売と聞いて、あの顔でにやにやしてますよ」と。だったらいいね。やった意味があったと思うよ。
あの日来てくれたたくさんの人たちにも心から感謝を。こういう奴がいて、こういうバンドを好きで、こういうイベントをやっていたということを、知らない人は少しでも知ってもらえたら。知ってる人は少しでも思い出してもらえたら。
今回の企画は決して追悼イベントではない。遺志を継ぐ、なんて大それた意味合いもない。ただ、ちょっとだけ奴のことを思い出す機会となったなら、成功だったはず。生きてる人間が亡くなった人のためにできることなんて、その人のことをふとした瞬間に思い出す、それだけなのだから。


11/5ヒロ
photo by Aki Kokaji

またいつかきっと。

| kaznoco | BAND & LIVE | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
11/3 shimokitaza round up3 に付随する遠き日々
2010.11.3 CLUBQue/SHELTER/GARAGE/CLUB251/440/ERA/ReG/GARDEN


アシガルユース/ANATAKIKOU/アナログフィッシュ/e-sound speaker/EG/Any/OverTheDogs/小高芳太朗&フレンズ/カミナリグモ/ザ・ガールハント/THE GREAT FUNNY PANT SOUND/the chef cooks me/THE NOVEMBERS/the pillows/THEラブ人間/the ARROWS/シュリスペイロフ/SuiseiNoboAz/STAn/スムルース/セカイイチ/太平洋不知火楽団/高森ゆうき/タニザワトモフミ/tobaccojuice/つばき/TOMOVSKY/直枝政広&ブラウンノーズ/永友聖也/noodles/ねごと/ハネムーン/BAND A/ヒツジツキ/peridots/FoZZtone/hare-brained unity/HotCake/POP CHOCOLAT/Bob&Carnivals/マスザワunit/マッカーサーアコンチ/未完成VS新世界/ミックスナッツハウス/村田知哉/モーモールルギャバン/monokuro/門田匡陽 (GDHM)/ヤーチャイカ/your gold, my pink/LOVE LOVE LOVE/LUNKHEAD/0.8秒と衝撃。/ロストインタイム 海北



今年はすでに二回、下北沢のライブハウスを往来するフェスティバルに出演した。

6/13、満員のDaisyBarトリでアホほど盛り上がったWILD GUN CRAZYフェス。遠藤冬真という一人の男が1300人を集めた奇跡。
200人近いバンドマンが集まった史上最大の打ち上げ大決戦では、様々な人物と出会い、再会し、ツアーが決まったり、企画の開催が決まったりと、それはそれは色々と収穫があった。


6/27、もはや伝説と化したShimokitazawa indie fanclub。
チケット2000枚はソールドアウト、下北沢の町中に「チケット譲って下さい」のボードを持った人が溢れるという異様な光景。超大御所から売り出し中の若手、太平洋やCreepypopと言った後ろ盾ナッシングバンドまで、全てのライブハウスが大行列という混沌と化した下北沢で凌ぎを削った。ERAで笹口津金(と俺のベース)は大入りの人の上を泳いだ。

またイベント終了後はTHREEにて、SIF出演をギリギリの所で逃した撃鉄による非公式ゲリラライブ「Hoshino indie fanclub(星野店長ドッキリ誕生日企画)」がスタート。口コミとTwitterだけで集まった人達が、人知れず熱狂の渦を巻き起こした。で、酔いつぶれてTHREEに取り残され起きたら正午。

朝の入りから翌朝の打ち上げまでフルパワーで乗り切るのが下北沢往来フェスの傾向と対策だ。



そして太平洋不知火楽団今年三度目の下北沢フェス、「shimokitazawa round up 3」がやってきた!

メインアクトはthe pillowsなど、旧ハイライン系(って括りで合ってる?)の大御所たち。メディコムトイの音楽誌「Quip Magazine」主催のこのイベントは、出演者・来場者パスがいずれもベアブリック(熊の形をしたフィギュア)という粋な振舞い。

このイベントに出演できるということについては、特別に嬉しくもあり、感慨深い点もあった。いざ翻ってみれば、Quipに自分たちが掲載され、the pillowsと同じイベントに出演するという事実。
このあたりに個人的な思い入れは少なからずある。押し潰されそうな、若かりし日の記憶。



冬馬さんツイッターより転載

僕らはいわゆる「新人枠」としての出演で、まぁ5年もやっといて新人も何もないのだけど(太平洋が始まった時ねごとの皆なんてまだ中学生だぞ!)、それだけに目上年上だらけのこのイベントにおいてヤーチャイカとTHEラブ人間の存在は心強かった。ライブの時間はかぶっていたからお互い見たり見られたりすることは出来なかったのだけれど、皆やりきったようで、評判は上々だった。
僕らの時もERAはいっぱいになったし、フェスだけに多くいたであろう初見の人にも、勿論いつも見てくれる人にもしっかり届くライブはできたと思う。
あと…誰も知らないだろうけど、40分押しだったERAを10分押しまで巻いた功績も。笑
sru3
冬馬さんツイッターより転載

この日限定のバンド缶バッチが当たるガシャポンを、みんなお目当てのバンド目指して子供のように無邪気に回してた(俺含め)光景は非常にときめいた。あいかわらずのガチャ運の無さだったけどね。
そしてマスザワユニット。ガールハントでテルスターでクラブライナーのマスザワさんが弾き語りで笹口騒音やヤーチャイカ西原君の曲を一緒にカバー&コラボ。圧巻。こいつら天才か、とあの場にいた皆が揃って思ったことだろう。


打ち上げはGARDENで主催者・出演者・関係者・関係ない人入り混じる大パーティー。
昔、あれだけCDを聴きDVDを見てQuipを読みライブにも行ったピロウズ山中さわおが眼前にいたが、足が止まってしまった。いつもだったらどんな大物だろうと突っ込んでいけるのだが、この人に関しては、僕の中で歯止めがかかった。つまり、そういうことなんだろう。

その後そうそうたるメンツにより某所で行われていたらしい二次会にも行かず、下北沢を抜け出しラブ人間金田家で夜通し語り合った。
過去は否定しないが、糧にはできない思い出もある。だから今と未来だけを考えて行こう。そんなことを思った夜だった。


下北沢往来フェスの後の夜は、いつも素敵だ。そして、体も心も燃え尽きる。そう、これも、今年三度目。

| kaznoco | BAND & LIVE | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
「太平洋不知火楽団」全国発売!
太平洋不知火楽団初の全国流通1stアルバム「太平洋不知火楽団」
2010年10月9日ついに発売!



1.Dancing Hell 〜can't help fallin'〜
2.そうだ、海え帰ろう!!
3.SF (B級)
4.ピント
5.柳川下り
6.イエローレゲエ 〜千尋ぬ海〜
7.たとえば僕が売れたら
8.KARAOKE SONG
9.不知火花火 (エンカ)
10.Wake up Dead Boy
11.夏町 〜Oh,my summer town〜
<OMAKE SONGS>
12.thee Hea(r)t Island
13.サテライトからずっと

(総収録時間79分以上)
価格 税込1890円(税抜1800円)


<初回店頭購入特典>

●TOWER RECORDS
『太平洋不知火楽団のしおり』(16P小冊子)
 
●diskunion
 『9・14 笹口騒音ハーモニカワンマンライブCD』(11曲入り)
さらに下北沢diskunionでご購入の方には『太平洋不知火楽団による太平洋不知火楽団のラヂオ風音声解説盤』(約70分)も贈呈


アイラブ宮城県限定特典
●HMV仙台一番町店
『太平洋不知火楽団リリースツアー11月20日仙台FLYING STUDIO公演 無料招待券』

スクラム仙台中山店(イオン仙台中山店内)/スクラム大河原店
『1stDEMOアルバム「不知火花火」限定復刻盤スクラム仕様+スペシャルライナーノーツっぽいもの』



<CDリリース特別企画>

10月10日(日) TOWER RECORDS新宿店7F インストアライブ
『奮い立てCDショップにて!〜見逃しちゃいけないものがタワレコ新宿にはあるんだ〜』
東京カランコロン/テツコ/太平洋不知火楽団/MOROHA/THEラブ人間
太平洋の出演は一番手14時から。

↓その後は

10月10日(日) 下北沢disk union 21:00より
太平洋不知火楽団インストアワンマンライブ!
タワーの方は音量がほとんど出せないのですが、こちらは制限なし!しかもワンマン!
店潰す勢いでやります!!


10/10は都内タワレコ巡業もします。どこかでお会いしましょう!


UstreamディスクユニオンTVに生出演
10/18(月)20時より こちらにて→http://www.kampsite.jp/
インタビュー・弾き語り・座談会などぶっつけ本番大放送



<不知火ズ渋谷に現る>

このCMがなんと渋谷スクランブル交差点の巨大ビジョンに流れます。
10/11〜17までの一週間、午前9時〜午後24時まで
一時間に四回、毎時03分、23分、33分、53分に流れるようです。
写真等に収めてくれたらライブ割引!!皆がんばろう!俺も頑張る。



<メディア掲載情報>
TOWER RECORDSの無料情報誌「bounce」にレビュー、インタビュー、ライブレポ掲載
17Pのスペシャルアザーズのページになぜかディスクレビューが、75Pには笹口単独インタビュー。まさかの解散宣言!?で、87Pにサマソニ出演レポート。これはもはや太平洋特集号だ!

「indies issue vol.53」レビュー掲載
まだ見てませんがかなりデカく掲載されているらしい! 公式サイト

無料ライブ情報誌「JUICE 10月号」ディスクレビュー掲載
こちら無料なのでライブハウス等で是非! 公式サイト



<リリースツアー情報>

10/9(土) 大須OYS(愛知) 農村企画

スプリットツアーwithはこモーフ 「ディフェンスに定評のあるIKEGAMIツアー」
10/15(金) 大阪SUN HALL
10/16(土) 京都nano
10/17(日) 奈良平城遷都1300年祭(に観光に行きたい)
他12月初旬〜追加予定

11/7(日) 新栄CLUB ROCK'N ROLL(愛知) 不完全密室殺人企画 「その男、凶暴につき」
名古屋最大にして最強の盟友不完全密室殺人、紆余曲折を経て遂に復活。

11/12〜11/14 難波ROCKETS他 「F.M.W.2010」 公式?サイト
全国各地からとんでもないインディーバンドが揃う(詳しくは上記参照)、いわゆる「○ァッキン・○ナミ・○イール」!

東北ツアーwith 雨先案内人
11/19(金) いわきclubSONIC (福島)
11/20(土) 仙台FLYING STUDIO (宮城)
11/21(日) 水戸club SONIC (茨城)


他、続々更新予定!
| kaznoco | BAND & LIVE | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | -
10/1 太平洋不知火楽団ワンマン
18時オープン19時15分スタート、23時15分終了!
太平洋不知火楽団初のワンマン、三時間耐久ワンマンは四時間耐久ワンマンとして幕を閉じた。


【第1幕】
SE:柳川下り(旧)

1.三億年(新曲)
2.そうだ、海え帰ろう!!
3.新曲(仮タイトル:ジミヘン)
4.Uminote railway
5.HAKONE land escape
6.ピント  映像
7.IslandのSprit
8.KARAOKE SONG

(15分休憩)
【第2幕】
SE:柳川下り(新)

9.通り雨
10.よいまち
11.狂気の沙汰(仮)
12.フルハウス
13.アンカー
14.Dancing hell〜can't help fallin'〜
15.MOMO
16.たとえば僕が売れたら  映像
17.イエローレゲエ〜千尋ぬ海〜
18.Wake up Dead boy

(10分休憩)
【アンコール?】
19.サテライトからずっと
20.SF(B級)
21.Island Feedback
22.ARATASI-YOAKE  映像
23.Sucide hPa
24.thee Hea(r)t Island
25.13月
26.不知火花火

【ダブルアンコール】
27.ヘイヘイマイヨール
28.新しい夜明けに
29.Dancing hell(もう一回)

【トリプルアンコール】
30.夏町〜oh,my summer town〜(大内津金コーラスあり)  映像
31.たとえば僕が売れたら(急遽もう一回)


映像はすべて竹内道宏君(全世界組織解体続行委員会)による撮影


Motion店長タクトさん曰く「ライブを見ているというよりも、長い旅をしている感覚だった」
まさにグレートジャーニー!100人を超える乗組員たちによる大航海(ほぼ難破船)。…確かにその言葉はピタリと当てはまる長丁場であった。長渕剛には及ばないが。

色んな方に「四時間お疲れ様」と言われたけど、その言葉をそっくりそのままお返ししたい!
来てくれた方、各種撮影隊、Motionスタッフ、ステージや照明や機材やマイクやスピーカーも、本当に四時間お疲れ様!皆で頑張った!


笹口「全曲やりたい」
大内「たくさん衣装替えしたい」
津金「ツーバスやりたい」

という各メンバーのバラバラすぎ&アホすぎな願いも全部まとめて成就。
僕の衣装はエジプトワンピ→ベトナムワンピ→コズミックスーツ→新作バタフライワンピ→仮面ライダーW。以前撃鉄コスプレパーティーで作成したWの自作コスプレ、構造的欠陥があり右手首の血流が止まるのと、元がヒートテックであるため全くライブ向きではなかった!しかし夢が一つ叶ったのは間違いないぜ。


曲数が多かった分一曲一曲がかーなーり荒かった、歌いながらベースなんて弾けねぇよ、仮面ライダー宙を舞う、という点以外はほとんど記憶がないので、ライブの模様は客の方が書いてくれたブログを参考にしましょう。僕もします。


タカミさんによるライブレポート(機材紹介、写真多数)

nakaさんによるライブレポート(実況レベルで事細かに書いて頂きました)



これまで勝手気ままに誰の手にもどこのレーベルにも縛られることなくやってきて、今回のワンマンも同様に好きな曲を好きなだけやらせてもらった。究極の自分勝手。
そんな場所にあれだけの人たちが集って、笑顔で見てくれたり、アホみたいに盛り上がってくれたり。さらには「四時間が全然長く感じなかった」と言い出す人がたくさん。

とにかく僕らは最高のお客さんたちと仲間たちそしてライブハウススタッフさんたちに支えられて、本当に皆に生かされているし、その分これからも頑張ろうと、改めて感じた日だった。愛しかなかった。
とても最高でとても酔狂な皆に、心から感謝。


「これからもよろしくお願いします。」そんなありきたりな言葉しか出ないよ。ありがとう。


| kaznoco | BAND & LIVE | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | -
アソロック11目前! 各種インフォも
 サマソニと東北ツアーについては書きたいことが連峰化して高く積み重なり果てしなく連なっているのでまた後日。


アソロック11までいよいよあと3日!



8月22日(日) 新宿MARZ⇔Motion
太平洋不知火楽団+TOKYO NEW WAVE2010 presents
『SUMMER A SONIC COUNCIL -ASO ROCK FESTIVAL11-』
OPEN 16:30 START 17:00
TICKET 前売2000円(+1D) 当日2500円(+1D)

出演
太平洋不知火楽団
about tess
imamon
オワリカラ
撃鉄
Creepy pop
昆虫キッズ
ソンソン弁当箱(仙台)
住所不定無職
THIS IS PANIC
来来来チーム

O.A.キングサーモン
  笹口騒音ハーモニカ

FOOD:出張いっき(from来来来チームハリエ)

来場特典:9/14・10/1の両日500円引きディスカウントチケット
   高校生以下入場無料(ドリンク代別途)


※Motion側は地獄のフロアライブ!


全面的な協力をしてくれているMotionのビッグボスabouttess、太平洋の夏ツアーファイナルとして共に旅をしたオワリカラ、ソンソン、(and more?)加えてサマソニでも共に奮闘したTHIS IS PANIC、ガチで売り上げを出そうと燃える高円寺の名店いっきハリエfrom来来来チーム、最高のタイミングで企画に呼ぶことができた旧知の仲間imamonと昆虫キッズ、そして個人的な目論見としてCreepy撃鉄住所の下北BASEMENTBAR&THREE界隈のドロドロした大好きなあの感じをMotionにそのままブチ込む!


タイムテーブル

16:30 OPEN

【MARZ】
OPEN 〜16:45 笹口騒音ハーモニカ
16:45〜17:00 キングサーモン
17:25〜17:55 来来来チーム
18:15〜18:45
19:05〜19:35 imamon
19:55〜20:25 オワリカラ
20:45〜21:15 about tess
21:35〜22:05 太平洋不知火楽団

【Motion】※フロアライブ
17:00〜17:30 THIS IS PANIC
17:50〜18:20 Creepy pop
18:40〜19:10 ソンソン弁当箱
19:30〜20:00 撃鉄
20:20〜20:50 住所不定無職
21:10〜21:40 昆虫キッズ


印刷可能なタイムテーブルはホームページ


そして3ヶ月連続企画の通し券には特典がつきます。これだ!
ピンバッチ.jpg
太平洋不知火楽団初となるバッチセット。
三回中2回来るだけでも通し券の方がお得です!(値段設定の甘さよ!)
予約はバンドメール taiheiyousiranuigakudann@yahoo.co.jp かプレイガイド(ローソン・eplus)へ。



最近の太平洋不知火楽団については全く告知が追いついていませんが、

ネットラジオに出演して皆で大合唱したり(セバスやダコタ、カランコロンも出てる!もちろん無料視聴!) radio DTM

先日出演したSHIMOKITAZAWA INDIE FANCLUBに写真を掲載してだいたり、 こちら さらに 矢崎ビス子によるレポートもあり

TOKYO NEW WAVEのリリースに伴いタワーレコードのホームページにTNW参加バンドによるインタビューが掲載されていたり(笹口はかなりやっちまってます) こちら

ototoyにも取り上げられていたり こちら

なぜかどうしてか成海璃子(誰すか?)が表紙の女性ファッション誌「PS」にちょっとだけ紹介されていたります(この135ページですね)
生まれて初めてファッション誌なるものを買ってみたけど、マジで読むページがない!これ何語だ!



アソロック共々宜しくお願い致します。とりあえず急を要することは書き綴ってすっきり。これから各地へ宣伝に行きます。もっけでーす

| kaznoco | BAND & LIVE | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | -
太平洋不知火楽団、全国リリース決定
 太平洋不知火楽団、ついに全国流通でCDを発売します!


2010年10月9日発売

『太平洋不知火楽団』

価格1800円 (税込1890円)
「不知火花火」「Dancing hell」他全13曲収録予定
by Yanagawa Records



第一報がニュースサイト「CINRA」に掲載されました。
http://www.cinra.net/news/2010/08/05/170000.php



お待たせしました。太平洋不知火楽団、ついに全国盤を発表します。
今週末のサマーソニック、来週のツアー、22日のサマアソニック(企画)、9月のTOKYO NEW WAVE、そして10月のワンマン、リリースまで、怒涛の勢いで走り抜けます!
リリース以降、年内の予定も立て続けに決まってきていて、春夏以上に相当面白くなりそうです。何卒ご期待下さいませ。



さて今回のCDは全国流通盤とは言っても、発売元「YanagawaRecords」から分かるとおり、完全DIYによる自主制作となっております。
会社やレーベルが付いたり、偉い人がお金出してレコーディングも宣伝もやってくれるような、そういった状況に恵まれたわけではありません。だから、業者さんに盤を刷ってもらったりパッケージング(包装)を手伝ってもらいはすれど、中身は過去に制作した「ARATASI-YOAKE」や「そうだ、海え帰ろう!」と同じく、笹口が録り、津金がデザインし、今回もそうして一から手作りでやっています。

しかし一年前に「海〜」を作った時とはバンドの状態も周りの状況も大きく変わってきているわけで、それに伴う作品を作るべく現在奮闘中です。現在「不知火花火」などラフミックスが少しずつ上がってきていますが…これは凄いよ。期待してくれていいです。確かなものを、10月にお聞かせします。


先述したように、太平洋にはバックも後ろ盾も権力も何もありません。
それにも関らず、フジロックやサマソニに出演を果たしたり、インディーファンクラブやexPOPなど大きなイベントに参加できたり、TOKYO NEW WAVEに名を連ねたり、雑誌や地上波に幾度も登場させてもらったり、そして今回全国盤の発売に踏み切れたのも、全ては太平洋不知火楽団を応援してくれる沢山の人たちのおかげであり、本当にそれだけです。多くの人の力によって今こうして生きていると、最近よく思うのです。

だからこそ、その声を裏切らない作品を作り、太平洋不知火楽団をさらに高めていきたいです。
今応援してくれている人や仲間がいて、これから先バンドをやっていく上で知り合う人もいて、さらには昔は興味を持ってくれていたけど今はどこかにいってしまった人もいるし、絶えず応援していてくれながらも突然この世からいなくなってしまった奴もいる。そういった太平洋不知火楽団の過去現在この先の未来、すべてぶち込み今後も全身全霊をかけて動いていきます。


『太平洋不知火楽団』よろしくお願いします。

| kaznoco | BAND & LIVE | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
サマーソニック VS. サマアソニック
 その昔、HOMMEのニイマリコに罵られたことがある
「あんたは勝てる勝負しかしない男だもんね」
その言葉は当時の俺にとっては相当衝撃的で、あの瞬間は今でも頭から離れない。

俺は本質的なところはあの頃から何も変わっちゃいない。
だから俺は初めから明らかに可能性がないとわかっている賞取りレースやオーディションに参加するのは大嫌いだ。数年間この世界に身をおけば、こういった類のものの大半がいかにインチキでアンフェアなものか、わずかな可能性に喘ぐ純真なアマチュアバンドマンをどれだけ食い物にしているか、という抗えぬ事実が見えてくる。
何が悲しくてそんな負け戦にわざわざ身を投じなくてはならんのか。

太平洋不知火楽団はその中では稀に見る「ガチ審査」だとして有名な、2008年FUJI ROCKのルーキーステージに立った。人生でも五本の指に入る素晴らしい記憶だ。
だからこそ、二度目はないと思い込んでいたし、フジだけが正義だ、みたいな偏った思想も持ちつつあった。
つまり、実際去年もボロクソ敗退だった今回のサマソニオーディション「出れんの!?サマソニ!?」への参加について、僕は大反対だった。笹口に押し切られて応募はしたものの、一度たりとて「投票してください」という宣伝はしなかった。
この投票制度への強い疑問や疑念があって、こういう賞取りレースに参加している事実を隠したいという変なプライドもあったのは否めない。


だが、意に反して票は伸びた。太平洋の順位は一時選考合格圏内(300位以内)をキープし続けた。俺のくだらない思想や尊厳など、本当に小さなものだった。去年とは全く違う光景がそこにはあった。想像を遥かに超えた沢山の人たちが、太平洋不知火楽団に投票し応援してくれたのだ。
自らのtwitterやmixiのアカウントで宣伝してくれた人もいたし、職場の仲間を総動員してくれた人もいたらしい。そして、太平洋は投票による一次審査を通過した。皆、本当にありがとう。そう、俺は最初から間違っていた。忘れていた。アマチュアバンドは、一筋の光を全力で探し、一本の藁を必死で掴んでこそなのだ。

ある朝電話。著名な審査員による二次審査、通過の報。
最終審査はライブ審査、持ち時間12分。12分でバンドの全てを見せなくてはならないわけだが、要はいつものライブと変わらない。しかもたった12分のために、たくさんの人たちが応援に駆けつけてくれた。これなら負ける気はしない。
太平洋不知火楽団は、メンバーである俺の想像を軽く飛び越え、SUMMER SONIC 2010に出演することになったのだ。全て、皆のおかげです。物凄くくさいことを言うが、あなた達と俺たちで一緒に掴み取った。これは事実だ。本当にありがとう。

http://emeets.jp/pc/ss10/


了解。本気出します。


SUMMER SONIC 2010 公式サイト

eplus サマーソニック公式サイト


事務局より!

出れんの!?サマソニ!?ステージは
千葉マリンスタジアム内に設置されるステージ
「SIDE-SHOW MARINE」。

「SIDE-SHOW MARINE」はマリンスタジアムのすぐ横。ぜひ見に来てください!
※このステージはサマソニのチケットがなくても見ることができます。


だそうなので見届けに来てくれたら嬉しい!



そして突然決まったサマーソニックとは別に
太平洋不知火楽団が前々から練ってきた大事なイベント
「サマ“アソ”ニック」今年も開催!

8月22日(日) 新宿MARZ⇔Motion
太平洋不知火楽団+TOKYO NEW WAVE2010 presents
『SUMMER A SONIC COUNCIL -ASO ROCK FESTIVAL11-』
OPEN 16:30 START 17:00
TICKET 前売2000円(+1D) 当日2500円(+1D)

出演
太平洋不知火楽団
about tess
imamon
撃鉄
Creepy pop
住所不定無職
昆虫キッズ
来来来チーム
ソンソン弁当箱(仙台)
and secret NEW WAVE bands!
and more!
and 「出れんのサマアソニ」優勝BAND!

FOOD:出張いっき(from来来来チームハリエ)

来場特典:9/14・10/1の両日500円引きディスカウントチケット
       高校生以下入場無料(ドリンク代別途)

詳しくはホームページで!

10月のワンマンまで三ヶ月連続で続くこの企画は通し券(大赤字の3000円)もあり、かなりカオスな特典が付きます。近日発表。

Motionのボスabouttess始め、今をときめき出した多くの盟友たち、そして今月回るツアーのファイナル的な意味合いもあり、今ツアーに関連したバンドも集まってくれます。今年の夏は頂く!



伝えたいことはまだまだあるのでまたすぐ更新します。
最後にもう一度、みんな本当にありがとう!

| kaznoco | BAND & LIVE | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

このページの先頭へ