所得顔雑録

タカヒロを 下から読んだら 浪費過多
<< ハンマーロック(ゾイドグラフィックス) | main | デザフェスに出向く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
DASH-03 S.S.S. スーパーシューティングスター
SSS.jpg
マンガ「ダッシュ四駆郎」に登場するシンクローの愛機、スーパーシューティングスターです。



僕が小学生の頃、マンガ「爆走兄弟レツ&ゴー」の開始と共に「フルカウルミニ四駆」が発売され、第二次ミニ四駆ブームが巻き起こりました。

無論僕も瞬く間にその虜となり、数あるマシンとパーツを購入してはレースに出まくっていたものです。
僕の学年にミニ四駆をやっていない男子はいませんでしたね。そのくらい大ブームだったんです。


さて、そんな流行にまんまと飲まれつつも、
やはりどこかひねくれていた僕は、市場を席巻していた「フルカウルミニ四駆」なんて絶対使うもんかと、
当時は時代遅れだった「レーサーミニ四駆」「スーパーミニ四駆」にこだわり続けていました。
しょーもないプライド。イヤなガキです。笑

初めて手にしたのが「イグレスJr.」
初めて本格的にマシンを改造しレースに出た「スーパーシューティングスター」
最終的に完成させ数々のレースを共にしたのは「リバティーエンペラー」でした。
だからこの三種には特別な思い入れがあります。



さて、そんなスーパーシューティングスターが、このたび十数年振りに再販となりました。懐かしすぎて涙が……

当時加工技術も塗装技術も未熟だった僕は、このマシンのコクピット部に大穴をぶち開け、ライトグリーンを知識もなく筆塗りして、グチャグチャのベタベタにしてしまいました。
さらに無茶な改造で幾度となくコースアウト&クラッシュ。コクピットに乗せていたミニ四ファイター人形の首がその度に吹っ飛びました。
そんなこんなであまりにみすぼらしくなってしまったので、このマシンを捨ててリバティーエンペラーに移行したわけです。

リバティーエンペラーは満足に作れました。
SSSは未熟な僕の練習台としてその身を捧げ、僕にミニ四駆のイロハを伝えて、その役目を終えたわけです。


肉抜き加工、ボディ塗装。あの時はヘタクソでごめん。そしてありがとう。今なら綺麗にしてあげられるかな……きっと、きっとできるよね。

| kaznoco | MINI 4WD | 23:59 | - | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ