所得顔雑録

タカヒロを 下から読んだら 浪費過多
<< 6/3 秋葉原GOODMAN オーウチトゥエンティフォー(前編) | main | 6/8 らーめん大 練馬店(練馬) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
6/3 秋葉原GOODMAN オーウチトゥエンティフォー(後編)
 〜前回のあらすじ〜
「現れたなショッカ−」
「東京フライパン作戦のはじまりだーグボボボ」
ドカーン
バコーン
そんなこんなで秋葉原。


「16:30」
秋葉原着。海外では合法ドラッグ的存在として若者に大人気!らしいレッドブルを一気飲み。
よく考えたら、第三者である俺の都合で出順むりやり変えてもらうなんて、申し訳ないことをしてしまった!すいません…

「17:15」
リハ。必死に喰らい付く。早々に終えて練習へ。

「17:30」
スタジオで一時間練習。曲を詰め込みに詰め込む。ミスターうろ覚え。コード進行を覚えて、フレーズはほぼアドリブ(=てきとう)で6〜7曲覚える。
ちゃんとコピーできなくてゴメンね。何とか合わせられはするが、とてもじゃないがみっちゃんの代わりにはならん!これではサポーターではなくクラッシャーであるよ。

「18:30」
練習を終えライブ開始時間。15分押し、地球上で最も緊張する15分の待ち時間。

「18:45」
ライブはじまる!
「どこ」でおもくそブレイク外す凡ミス!しかしコード外すなどのあからさまなミスは極力抑え、何とか合わせきる。力不足ではあったけど、曲にはなっていたかな。
結局終盤はいつも通りベース振り回したりV3アクションやったり、昔に比べて「ステージ度胸」はついていることは分かった。
なおシャツ着用。

…しかしこんなのHOMMEじゃない!みっちゃんカムバック!

12月の合同企画以来となる、不知火のカバーIsland feedback HOMMEバージョンを最後に。ボストン鹿島さんやNOIZゆうへい君に言われた通り、この曲だけやたらクオリティが高かったけど、それはうちの曲だからです。笑
そう言えば、2007年末のアソロック04の余興として、この二人に加わってこの曲をやったんだった。だから初めてじゃない感じがしたんだな。
サークル時代はお二人とそれぞれ共にバンド組んでいたこともあるし、とても初めてとは思えないくらい合わせやすかったです。

「19:15」
ライブ終了、お疲れ様でした。いっぱいいっぱいだったけど楽しかった。ありがとう。繰り返すようですが、みっちゃんの存在は偉大です。
死ぬほどビールが飲みたかったけど、さすがに練習に遅刻+酩酊はマズいと思い自制。

「19:30」
不知火の練習開始時間。急ぐ。
ライブを見に来ていたチェチェンと共にに電車に飛び乗る。一路中野へ。

「20:15」
スタジオ着。新曲を詰める。いつもの練習をしていると、さっきのライブが遠い昔のことのようだった。

「22:30」
練習終了。やたら体が重てぇなと思ったら、そうだ、もうかれこれ30時間くらい起きてるし、何よりさっきライブをしてきたんだ。ふと思い出した。

「23:30」
食事をするのも忘れていたので、コンビニの駐車場でカップヌードルをすする。
やることを色々思い出し、各所に電話しライブ予定の打ち合わせ。駐車場にて。

「23:45」
帰宅。長い一日だった。

「0:30」
家に置いてあった高級ウイスキーをおおり、就寝。というより、失神。15時間寝ました。



おおうちは  レベルが  ちょっとだけ  あがった!  きがするよ

とにもかくにも  みっちゃん  お大事に!
HOMMEの皆様  良い経験をさせて頂きました。ありがとう!アソロック  では  よろしく。



和了。 (足元を見てごらん)

| kaznoco | BAND & LIVE | 00:00 | - | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

このページの先頭へ