所得顔雑録

タカヒロを 下から読んだら 浪費過多
<< 6/28 下北沢DaisyBar ヒロ企画! | main | 宇宙忍者 バルタン星人(タカハシヒョウリ画) >>
6/29 代々木Zher the ZOO wild gun crazy
ブログを毎日更新するなんて、ただの修行です。しょこたんなんてフィクションです。僕は二ヶ月半で諦めるところです。



この日は無償の愛を持つ男、遠藤冬真さんが主催するwild gun crazyのイベントで、初の代々木Zher the zoo。


ライブ前、某フランスバンドの麺王子が推薦していたラーメン屋いそじを探してSorrys三人と代々木を徘徊するも見つからず。麺王子に電話するも結局発見できず、結局最終的に見つけたのは明治神宮でお参りを済ませてとぼとぼ歩いていたそうごさんだった。

Sorrysのギターボーカル、タカシさんは、とてつもなく誠実でとてつもなくナンセンスな、とてつもない魅力を持った人だ。こういう人に会えるから、バンドはやめられない。
ボアズやJUGONZに初めて会った時もそうだったが、ボーカルが異世界を縦横無尽に徘徊しているような魅力溢れる奇人で、それを他のメンバーが(やはりその人たちも奇人なのだが)デコボコな彼に絶妙にはまるピースとなって、デカいパワーの塊を完成させている。あの凄まじいバランスは何なんだ。
で、大抵そうごさんはそういう人に徹底的にからまれる。笑

この日のSorrysはとにかく素晴らしかった。
同じ空間で、同じ熱を共有し同じ熱を体感しているあの感覚。



いつも写真を撮ってくれているあずさ嬢に加えて、「世界一美しく二郎を食らう女」こと二郎の本場慶應大学生のRiNA嬢が写真を撮ってくれた。MySpaceリンク


Sorrysに震えて、目覚しい成長を遂げたfrancis'と久々の再開を果たして、先日お世話になったつるうちはなさんに今日も激励されて、30万のギターを破壊した一萬Pと「楽器が壊れるのはいつも客がいない時だ」という話をして、冬真さんへの感謝も半ばにライブの余韻も味わえず、俺はとぼとぼとバイトへ向かった。つらい。月、火は休めないのである。




さてライブが3つ続いたり、4日連続で朝まで飲んだり、ベース買ったり、税金払ったり…
たぶん人生で一番金を使った一週間だったと思う。

五日の間に15万。通帳のケタが二つも減ってしまって、さすがにびびった。

勤労します。

| kaznoco | BAND & LIVE | 23:59 | - | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ