所得顔雑録

タカヒロを 下から読んだら 浪費過多
<< 開戦前夜 | main | ウルトラマンベリアル(ウルトラ怪獣シリーズ) >>
銀河伝説、吶喊(とっかん)する!!
06:00
夜勤明け、そのまま近所のシネコンに並ぶ。5人ほどの列、どうやら全員目当てはワンピース。
開場前にも関わらず「本日のワンピースは全ての回で満席」との貼り紙。

06:30
係員登場。ワンピースの当日券を求める人たちが追い返され、列は俺含めわずか二人に。

06:45
前にいた19歳の青年に突然「ワンピまじ楽しみっすねー」と話し掛けられる。
不測の事態に思わず「あ、あぁ、そうだね」と返答してしまい、完全に「早朝から並ぶ気合いの入ったワンピースファン仲間」と認識されてしまう。わたくしワンピースの知識は皆無でありんす!

07:00
もはやウルトラマンを見に来たとも言えず、続くワンピーストーク。
「やっぱスモーカーっしょ」「巻数すごい」などと至極適当な会話を連発し、ひたすら話題を映画からそらす。

07:30
気付けば後ろには100人を超す列。無論八割方ワンピース目当てであろう。
話の流れを最近の気候や景気の話題に持っていくことに成功する。「どちちも寒いね」

07:45
弟と合流。完全に「朝から並ぶ気合いの入ったワンピースファンの兄弟」と認識される。

08:00
開場。
「また劇場内で会おう」と青年を巻き、グッズ売場に一番乗り。限定ウルトラマンソフビと限定ライダーパンフレットを購入。完全にワンピースモードだった店員、困惑す。

08:05
開場から数分で、シネコン内は大混雑。まともに歩けないくらいの人、人、人。

08:20
劇場内へ。ウルトラマン、客少ねえぇぇぇ

08:30
眠眠打破とレッドブルを叩き込んで上映開始!



マンセブンマント.jpg
結局争奪戦なんて微塵も起こる気配はなかった劇場限定ソフビ、
ウルトラマンとウルトラセブンの「光の国 ブラザーズマントバージョン」です。
数百人いるシネコン内で、朝イチの段階でこれ買ってるのマジで俺だけだったな…

仕様としては、最近塗装がリニューアルされたウルトラマンとウルトラセブンのソフビにマントがついているだけ、ですが。

劇中、地球で戦った経験のあるウルトラ兄弟たちは故郷(光の国)においてレジェンド扱いされており、幹部格として多くウルトラ戦士を統率しています。
そのウルトラ兄弟たちが今回装着しているのが赤いマント。テイストオブ内山まもる。


これまでの限定バージョンであったクリアレッドラメ仕様とは箱のデザインがだいぶ変わっています。
マンセブンレッドラメ.jpg
また集め直しか。
ちなみに今回初代マンの顔はBタイプですが、こちらのソフビはCタイプ。どうせならこれを機に新造して欲しかった!


| kaznoco | ULTRAMAN | 23:59 | - | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

このページの先頭へ