所得顔雑録

タカヒロを 下から読んだら 浪費過多
<< 中間報告書(2010年9月) | main | 10/1 太平洋不知火楽団ワンマン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
月末報告書(2010年9月)

その後明け方にした話が脳裏をよぎる。20代の表現力は40代のおっさんに及ばないのか、という現実に直面する題について。


9/16
Motionでエジプト文明ズ企画。撃鉄天野がツイッターを利用し勝手に話を進めた「動員100人未満だったら即解散」を巡り、現実でもネットでもバカみたいに盛り上がった。
クリーピー大迫&撃鉄天野とワリカンし解散祝いに花束を買いに行ったら、さすがは歌舞伎町、3000円もしやがった。身銭を切った分、解散してもらわないと困る!
100916_2222~0001.jpg
結局は客+出演者+ライブハウススタッフ合わせてギリギリ100人がこの企画のために動きました、という強引すぎる幕引きで終劇。ちなみに花束を買いに行っていたのでエジプトライブはほっとんど見てない。笑



9/18
西荻窪FLATにてグリンゴ企画に出演。初めて入ったFLATはその名の通りフラット。
グリンゴはもう四年以上前から交流がある大先輩で、同じくこの日出演していたカモレは太平洋不知火楽団がまだ前進バンドだった頃から企画に出てもらっていた仲だ。
太平洋が一度も止まらず(止まれず)五年近い歳月を重ねている間に、グリンゴもカモレも結婚や就職それに伴う活動休止やサポートの加入など、多くの困難を乗り越えてきた。そして今またこうして各々の生活を確立した上で、再びオリジナルメンバーで活動している。筋金入りのバンドマンを僕は尊敬する。

当たり前のようにやってきた太平洋不知火楽団のこの五年だが、不動の体勢で続いている僕らの方がむしろ稀有なのかもしれないと最近思う。今の僕に25歳の現実感は、ない。



9/19
グリンゴ企画からの夜勤からのFIREJAM。完全DIYで行われるインディーバンドによる野外フェス。
これがまぁ去年は死ぬほど会場が遠くて様々なトラウマを残した不知火ズ一同は今年の参加を見送ったのだが、今年は電車で行けるとのことで個人的に遊びに行ってみた。

すげぇところに来ちまったな
100919_0856~0001.jpg

すげぇところに来ちまったぞ
100919_1711~0001.jpg


音楽家である諸兄の同意は得られないだろうが、俺はフェスに出るよりも見る方が圧倒的に好きだ。
1万円もらってフェスに出るよりも、1万円払ってフェスに行きたい。俺はフェスの究極に自己満足的な楽しみ方を知っている。
少なくとも今年のFIREJAMは、出演した去年より遥かに楽しんだ。

日付が変わる頃、キングヌラリヒョンコジマ君の車で帰宅。フェスは「楽に帰る」これ以上の喜びはない!心からありがとうコジマヌラリヒョン!

アウトドア後ののし掛かる憔悴感を抑えろ俺。



9/22
練習後、来来来チームで元マヒルノのハリエ君がやっている高円寺の飲み屋で収録作業。
今回のリリースにあたりディスクユニオン下北沢店で限定特典を付けるのだが、その特典「ラジオ風対談」の収録である。ナビゲーターはユニオン店員でtacobondsのDrアリトさん。
収録模様はUst中継。多くの人がこのグダグダトークショーを見守った。
俺は収録中に潰れた。



9/23
今月も景気のいいライブがやってきた。KING BROTHERSマーヤさん率いるN'夙川ボーイズ、新ドラムが加入したばかりのワッツーシゾンビ、ミドリ後藤さんとペンペンズPA道下さんのキラキラファンタスティック、というアホほど関西度が濃厚な一日にぶち込まれた太平洋不知火楽団。
しっかりと前座を果たせた!とは思ったが、夙川とワッツーシを見た後にした反省が「ちゃんとやりすぎた」。見る人を楽しませることが出来るのであれば、自分のやりたいことをやりたいようにやれる権利はあるのだ。
そもそも前座のやるべきこととは、公的には場を温めること、そして私的にはいかにメインを喰うか、いかに一矢報いるかという心意気でぶつかること。こういう日はいつもナニクソ精神剥き出しの爆発的なライブをしていたつもりだが、この日ばかりは関西のカリスマたちの足下にも及ばなかった。悔しい。

ライブ後、30分の間に三回撃鉄ターシーに間違えられる。モーモーの矢…ではなくゲイリーさんも撃鉄と太平洋のベースを同一人物だと思っていたらしいが、どうも俺たちの顔は関西の人たちには見分けがつかないようだ。



9/25
radioDTMさんの企画の一環としてPV撮影を行うことに。とある大学の広大なスタジオを貸し切り、Dancinghellを13時間かけて撮る。
ワンテイク目から全力でぶっ飛ばし、もう開始30分で意識が飛びそう。休憩の度に熟睡して体力を回復。


その様子(メイキング)がYouTubeに。 こちら
さてとんでもないものが出来るのは間違いない。お楽しみに。


radioDTMは、会社でも何でもない。映像作家やラジオ会社で働く音楽好きの仲間同士が集まって、面白いことや好きなことを無償で発信している人たちの集まりだ。今回のPV撮影も以前のラジオ配信も、金銭的な関係や契約の類は全くなく、ただ純粋にお互い面白いことをやりたいというだけで始まった。
本当に、このリリースに関してはたくさんの人にお世話になりまくっている。形はどうあれ恩返しがしたい。こんなことを言うのは初めてだが……実績がほしい。多くの思いを裏切れないから、本気で頑張る。


9/26
PV撮影を駆け抜けた翌日は、長野県松本市に遠征。slum企画。

地方で歓迎してもらえれる、という経験ができるようになったのはいつからだろう。二年前、フジロックに出た勢いで決行したParadiseとの夏ツアーは、お前ら何しに来たの、といった雰囲気をたっぷり味わったし、その後のHOMMEとの冬ツアーも動員らしい動員はほとんど無いまま終わった。
思い起こせばマメに地方遠征をするようになったのは今年になってからで、SEBASTIAN Xやオワリカラのツアーに同行して多くの人たちの前で演奏する機会に恵まれたり、TOKYO NEW WAVEが動き出したことで仲間のバンドと一緒に地方のイベントに呼んでもらうことが増えた。
そう考えると、単身で地方に渡り、ここまで思い切りやらせてもらったのは何気にこの日が初めてだったのではないだろうか。最高の雰囲気で良いライブができた。ありがとうslum!
地方遠征とは、ライブをするのと同じくらい「その地にいる人に会う」ということが大事だ。そういった意味でも、この日は数多くの出会いがあり、収穫だらけの本当に素晴らしい日だった。

帰りは大豪雨。FarFranceの新譜「OICY」をBGMに爆走中、派手なスリップをぶちかまし死ぬところであった。Far Franceはすべらない!


9/27
江古田から池袋に移転し新装開店した定食屋、洋包丁へ行ってみる。変わらぬ濃い味付け、変わらぬ店員、新メニュー追加、若干値上げ、など。
何が一番変わったかって、店内が綺麗すぎてGが出なそうということ。Gが出ない洋包丁なんて…


9/29
合コン。ではなくはこモーフとツアーの打ち合わせ。カナエちゃん(☆3☆)


9/30
ワンマンに備えて5時間スパルタ練習。我ながらハンパない曲数だ!練習がおっつかない!

下北沢で所用を済ませ、明け方まで明日の準備。いよいよ10月1日がやってきた。


| kaznoco | DIARY | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | -









http://kaznoco.jugem.jp/trackback/550
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ